スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
タイ☆おじいちゃんドライバー
ほぼ毎日タクシーを利用する。買い物に出掛けた帰りは、荷物は多いし、暑いし(生ものがあったりするので)どうしてもタクシーが必要不可欠。よく行くスーパー前で客待ちをしているタクシー。といっても、車1台がやっと止まれるスペースしかなく、しかも半分歩道に乗り上げていて歩行者の妨げになっているのだが、重い荷物を持っている時などすぐに乗り込めるから有難いったらない。
今日もスーパーを出てきたところで、そのタクシー発見。「あれ?運転手不在?」と思いきや、後ろから「タクシー??」とおじいちゃんドライバー手を振りながら現る。両手に荷物を持ってる私を素早く見つけ、声を掛けてくれたのだ。
がに股でひょいひょいっと軽い足取りで近づいてくるおじいちゃんの風貌はどこか横山やすしに似ている。
行き先を告げると「OK〜。OK〜。あそこは今混んでるから、こっちの道から行こかー?!」という愛想のいいノリがまた横山やすし風。
亜細亜




運転しながらも、私に分かりやすいように簡単な単語で話しかけてくれる気のいいオッチャンだ。

私の家まではワンメーターとちょっとのところ。
あそこでどのくらい客待ちしていたのか分からないが、ちょっと申し訳ない気がしてくる。私を降ろした後のスクムビット西行きは万年渋滞の道。
ドアを閉めながらも、次のお客さんがすぐつかまるといいな・・・と思わずにはいられない。
そんな私の心配をよそに「コップクンカープ!(ありがとう)サワッディカープ!(さようなら)」と最後の最後まで愛想のいいおじいちゃん。
このタクシーに乗ったのは3回目☆

また別の日、別の場所で。
よりによってオンボロタクシーを止めてしまった。コワモテの兄ちゃんだったらどうしようと思ったけど、乗ってみると・・・
亜細亜




やさしさいっぱいのおっちゃんだった♪


読み終わったら↓どちらかクリックしていただけるとウレシイです^^
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ







暮らし / - / trackbacks(0) /
誕生日☆
また年を重ねて、思うところ色々なこの頃。
ある雑誌のこんな文章にちょっと救われた気持ちになった。
50代、60代になって今を振り返った時、こんな風に思えたなら、
素敵な40代を過ごせそうだと思った。

おばさんからおばあさんになっていくのはつらいけど、
若さをあげるから、今までに出会った人たち、楽しかった過去を
すべて捨てなさいと言われたら、あなたはどうします?

この歳まで苦しみながら培ってきた経験値をゼロにして、
ピカピカの十代に、戻って一からやり直したいですか?
私はヤだね。精神的には、経験値を踏まえて
「やりたいこと」「したいこと」がはっきりとわかっている今のほうが、
はるかに楽だもの。

あなたが四十代なら、すでに人生の転換期を実感しているはず。
今はそうでもなくても、近いうちに大きな決断を迫られる何事かが
起きるだろう。そのとき、あなたは自分のすべてを賭けて、
考えることになる。

一度しかない人生で、何がやりたいか。何ができるのか。

そして、本当にやりたいことに踏み切るだろう。
四十代とはそうしたドラマチックな年代なのだと、
そこを通過した私は思う。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ

暮らし / - / trackbacks(0) /
バンコクの古本屋さん
バンコクには、古本屋さんがあっちこっちにあり、暇つぶしによく覗いている。読みたかった本に出会うと飛び上がるほどウレシイ☆かなり状態のよいものが定価より安く買える。新品の本や雑誌は定価の1.5〜2倍近くもするから、極力一時帰国する時まで我慢。もしくは、アマゾンでまとめ買い。
この写真の古本屋さん。洋書と日本の本を置いている。
亜細亜




しかし、それにしても・・・

亜細亜




天井まで高く積まれた本、本、本・・・

今にも崩れてきそうでコワイったらない。てれちゃう
でも、この本屋さん。空港のラウンジなどを経て不要になった週刊誌なんかも
60バーツ〜で売っているので、文春や婦人公論なんかはここで買うとお得なのだー☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ



暮らし / - / trackbacks(0) /
日系スーパー周辺
亜細亜
バンコクのスクムビット地区と言えば、日本人が最も多く住んでいる地域。その広さは電車の区間でいうと5〜6駅くらい。その中でも最も日本人遭遇率が高いのが『BTSプロンポン駅周辺』何故ならここには、日系スーパーをはじめ、パン屋、レンタルDVD屋、和食屋、豆腐屋、本屋・・・日系店がひしめいている。
今日もソイ33にある日系スーパーへ。最初はそのたたずまいのあまりの素朴さに少々ギョッとしたが、やはりお肉や魚、卵はここが一番買いやすく、日本のものに近い状態で買えるので、ほぼ毎日のように通っている。
少し歩いた所にファラン(西洋人)御用達の地元系スーパーがあり、ワインや野菜はそちらで買ったり・・・と両方を行き来しつつ。
この日はその途中で、
亜細亜



グアバを売っている屋台を横目に見ながら通り過ぎ・・・

ボウルいっぱいの“たれ”がおいしそうだった。どんな味がするんだろう〜?
今度、買ってみようと思う☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ

暮らし / - / trackbacks(0) /
フライパンの裏
亜細亜
フライパンの裏ってなんで汚れるんだろう〜?!料理番組で見るフライパンは裏までぴかぴかぴかぴか なのに・・。我が家のフライパンはいつも気がつくと真っ黒け、だった。
今、使っているフライパン。柄の部分が取り外せて、大小の鍋・フライパンに付けて使えるのでとっても便利。このオリーブ柄がと〜っても気に入っているハート大小
1週間に一度は、裏までピカピカに磨く。2年以上毎日のように使っているが、今だ健在。今日も磨いてすっきりキレイになった。
亜細亜








台所を片付け、この間買った“エアープランツ”も飾ってみた。ウィンク


にほんブログ村 海外生活ブログへ
暮らし / comments(0) / trackbacks(0) /
朝の1杯☆バリコーヒー
asia
平日は濃い目に淹れたネスカフェ:ゴールドブレンドにミルクた〜っぷりの
カフェオレホットコーヒーで目を覚ます。
でも、週末の遅い朝には何故かバリーコーヒーが飲みたくなる。
細かい粉末のそのコーヒーは、お湯を注いでからかき混ぜた後、粉が沈むまで待って飲む。そのゆったりした感じが休日の朝にぴったりなのだ。おはな

にほんブログ村 海外生活ブログへ
暮らし / comments(0) / trackbacks(0) /
/ 1/1PAGES /